#237【シェフ三國の簡単レシピ】牛肉を赤ワインでじっくり煮込む!ブッフブルギニョンの作り方 | オテル・ドゥ・ミクニ

#237【シェフ三國の簡単レシピ】牛肉を赤ワインでじっくり煮込む!ブッフブルギニョンの作り方 | オテル・ドゥ・ミクニ
料理動画まとめサイトへようこそ!この記事では赤ワイン料理レシピや材料がわかる動画を紹介します。

赤ワイン料理のレシピの動画

0

レシピや材料の説明

東京・四ツ谷にあるフランス料理レストラン「オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフの三國清三によるレシピをご紹介しています。

「ブッフブルギニョン」

【材料】4〜5人前
牛すね肉 500g
ベーコン 60g
人参 1本
ペコロス 1パック
にんにく 1片

ブーケガルニ 1個

小麦粉 大さじ2
コニャック 少々
赤ワイン 370ml
水 370ml

塩 適量
こしょう 適量

無塩バター 30g
オリーブオイル 大さじ1

【準備】
・ 牛肉は塩、こしょうで下味をする。
・ ベーコンは角切りにする。
・ 人参は大きめにカットする。
・ にんにくは厚めにスライスする。

【手順】
1. 鍋にオリーブオイルを熱し、牛肉を焼く。途中、ベーコンも加えて、強めに焼き色をつける。

2. 野菜を加えて炒め、小麦粉をまぶして炒める。コニャックでデグラッセ(煮溶かす)する。

3. ブーケガルニ、赤ワイン、水を加えて、一度沸かす。

4. 蓋をして1時間15分〜2時間ほどコトコト煮込む。

5. 仕上げにバターを加えて、塩、こしょうで味をととのえる。

◎ボナペティ!

【ワイン】
Terroir de Roche Mazet Corbière
テロワール・ド・ロシュマゼ コルビエール
フランス ラングドック=ルーション

======================================

「オテル・ドゥ・ミクニ」

JAPONISÉE (ジャポニゼ)
ミクニの料理哲学、そしてエスプリ。

自然派「キュイジーヌ・ナチュレル」を一歩進めて、マ・キュイジーヌ「ジャポニゼ」へ。

「ジャポニゼ」とは、完璧なまでにフランス伝統料理を理解した上で、
フランス料理人しか表現できない料理のエスプリと哲学を完璧に日本化し、表現すること。

その証として、三國清三はフランス共和国からレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを、
フランソワ・ラブレー大学から名誉博士号を授与されました。

前者は日本の料理人として初の、後者は世界で4人の料理人のみの栄誉であり、
オテル・ドゥ・ミクニの誇りです。

ミクニの料理哲学とエスプリ、「ジャポニゼ」をご堪能ください。

▼Webサイトはこちら

TOP

▼レストランのご予約はインターネットからも承っております!
https://www.tablecheck.com/shops/hotel-de-mikuni/reserve
(※おすすめは「シェフおもてなし特典付きプラン」です!)

▼Instagramはこちら
https://www.instagram.com/hoteldemikuni/

▼Facebookはこちら
https://www.facebook.com/HotelDeMikuni.Tokyo/

まとめ

レシピ動画はいかがだったでしょうか?参考になったと思ったら下のSNSのボタンをクリックしてください。 下の関連記事でいろいろな料理レシピ動画を紹介しています。

赤ワイン料理カテゴリの最新記事